リメイク服作り方・フィッシュテール(創作編)

2017年06月02日

»リメイク服・裾をフィッシュテール

この記事の続きです。
今日は、
フィッシュテールの作り方の
創作編となります。

上の写真は
縫い代分を加えて
裁断したもので、
下は、リメイク前の
チュニックです。
もともとの裾幅が広いほど
フワーっと広がった
フィッシュテールになります。

今回、裾の仕様は3つ折りにしました。
下記の《縫い代の付け方の図解》を参考に
ステッチ幅に応じた、縫い代を付けて下さい。

  • 記事中のステッチ幅0.8cm
  • 縫い代1.5cm

《注意》
裾がカーブ状なので
ステッチ幅5ミリ〜1センチにして
縫い代を1センチ〜2センチまでにした方が
3つ折りしやすいです。

リメイク服作り方・フィッシュテール

リメイク前のお洋服にアイロンをあてて、創作のスタート♪

  1. 前の裾を決める
  2. 着用して、鏡の前で真っ直ぐ立って
    前の長さを決めます。

  3. 後の裾を決める
  4. 前と同じように、後ろの長さを決めて印を入れる。

    **************************

  5. 1と2をつなぐラインを決める
  6. 近くで見たり、離れて見たりしながら
    全体のバランスチェック

  7. 3で決めたライン通りに、アイロンをあてる。
    これが仕上がり線となります。

  8. 仕上がり線から、縫い代を付けて裁断
  9. 裏側から、3つ折りにしてアイロンをあてる
    (3つ折りとは、図のように2回折り返すこと)
  10. 縫製
    折り端から2〜3ミリのところをミシンで縫うか、まつり縫いをする。


次回、完成写真に続く

リメイクオーダーを承ってます。

» メルスリー・デ・ローブ ヴィエルジュ


Antique clothes

» ローブ ヴィエルジュ お店のサイト


購読の登録


購読確認メール、記事配信メールは迷惑メールフォルダに入ることがあるのでご注意下さい。