ブローチの付け方と注意点

2014年12月10日

ブローチの付け方と注意点
ブローチは気になるアイテムなんだけど、付けた跡の針穴が気になるし、それに落っことしてしまいそう..そんな理由でブローチから遠ざかっていませんか。今日は きれいにしっかりと、それに針穴が目立たないように付ける4つのポイントをご紹介します。

ブローチの付け方と注意点

ブローチを付ける素材

  • 大きなブローチは留め具の針が太いので、厚い生地やファー、ニットに付けるようにする。
  • 薄地〜普通地の布に付けるときは、布端やピンタックのステッチ部分など生地の厚みがある箇所に付ける。
    • ブローチの付け方と注意点
      薄い素材に付ける場合は、
  • 極薄の綿ローンやシルクなどのデリケートな素材に付けるのは、出来るだけ控えた方が良いと思います。針穴の跡は、ある程度アイロンで修繕できるのですが、ブローチの飾り部分が繊維に引っかかって生地を傷めてしまう可能性があり、こちらの方が心配です。
    • 極薄生地にブローチを付ける注意

    コーディネートした、カーデガンやセーターに付けるのをお薦めします。
    アンティークブローチの付け方

    ブローチの針穴を目立たなくする

    ブローチを付ける布の裏側に、フェルトのような厚みがあって針を通しやすい生地を[あて布]にして、針を何度か布に並縫いのようにくぐらせて留める。こうすると、ブローチの重みで繊維が引っ張られる力が分散されて大きな穴があきにくくなります。

    • ブローチの大きさにカットした、フェルトの[あて布]

    付けたときにブローチが下を向いてしまう時

    下を向いてしまう原因

    • 固定ピンの位置と飾り部分とのバランスが悪い
    • ブローチの飾り部分に重量がある
    • つける布地が薄くハリがない

    これもブローチを付ける布の裏側に、あて布を並縫いの要領で付けることで解消します。あて布がない場合は、厚紙でも代用できます。

    • ブローチの付け方の注意
      服とブローチの間にできた隙間

    ブローチピンを刺す幅

    固定ピンの幅いっぱいに、布地を通すと固定度が増します。

    • ブローチの針の通し方
      針を少ししか通さないと、安定が悪くしっかりと留まりません。

    ブローチの落下防止

    ブローチの重量や付ける布地によって落下の危険度は異なりますが、私はいつも並縫いの要領で布を通してからブローチを装着してるのですが、こうすると針が布から抜けにくくなり、あて布をつけていると更にその傾向が強まるようです。それと、針に装着するシリコン製のブローチストッパーというのがあって(販売元によって名前が違います)これは東急ハンズなどや通販で売っています。

    ブローチストッパーの装着写真

    針で布を通してから、ブローチストッパーを装着して留めます。

    • ブローチストッパー

    以上「ブローチの付け方と注意点」でした。ブローチで、素敵なコーディネートをお楽しみください。
    アンティーク妖精シルバーブローチ
    ローブ ヴィエルジュのアクセサリーのページはこちら↓
    » ローブ ヴィエルジュ お店のサイトののアクセサリーページ


購読の登録


購読確認メール、記事配信メールは迷惑メールフォルダに入ることがあるのでご注意下さい。