中原 淳一の言葉に触れるとき

2014年02月05日

つい最近「綺麗な大きなお皿に ちょこんと盛られた おしゃれなお店のお料理が、期待はずれだったらガッカリよね」って笑いながら言った後 考えました。ところで、私は大丈夫?ファッションは 自分を表現する 私の好きな方法の1つですが、着るものによって 自分が優しくなったり偉くなったりするんじゃないってことを、いつも心にとめておこうって改めて思いました。デニムを着ても 美しいドレスを着ても 私は私で
4
どんな人でいるのか どんな人でありたいのか 決めるのは、自分だってことを忘れないで 美しく美味しい一皿のお料理でいたいと思いながら、これから素敵なお洋服の話を発信していきたいと思います。私が「服と私について」立ち止まった時に読む 中原 淳一さんの文章から、今日はこの一節を

美しい心…美しい友情…。そして、美しい服装とは、決して着飾ることでもなく、華やかな色彩をいうのでもありません。又、沢山のお金をかけてのみ、出来るものでもありません。それは、程よい調和の中に、あなた自身を生かすことです。言葉を換えれば、あなたらしくあることです。
30

» Robe vierge お店のサイトはこちら


購読の登録


購読確認メール、記事配信メールは迷惑メールフォルダに入ることがあるのでご注意下さい。