リメイク服・キャミソールの作り方2

2014年07月06日

リメイク服作り方・キャミソール
前回ご紹介した »リメイク服・キャミソールの作り方1の続編です。
今回の内容は下記の3点です。

  • キャミソールの衿ぐりを1センチの三つ折り縫いする。 » 三つ折り縫いの方法
  • キャミソールのアームホールを5ミリの三つ折り縫いする。
  • 肩ひもを作って身頃に付ける。

リメイク服・キャミソールの作り方

リメイク服キャミソールの作り方・三つ折り縫い

  1. キャミソールの衿ぐりを1センチの三つ折り縫いをしてから、ゴムを通す。ゴム上がり寸法(ゴムを入れてギャザーをよせた仕上がりの寸法)は、ゴムの端を多めに残してカットした状態でトルソーに着せるか、着用した状態で決めます。
    リメイクキャミソールの衿グリゴムリメイクキャミソールの後衿ぐりゴム
  2. キャミソールを横から見てかま底の位置・前衿ぐりから後衿ぐりのアームホールのラインを確認してから、アームホールを5ミリの三つ折り縫いする。この写真で言うと、5ミリの三つ折り縫いをするので、縫い代は1センチ。出来上がりのかま底は1センチ下に下がることになります。
    リメイクキャミソールアームホールの作り方
    リメイクキャミソールのアームホール三つ折り縫い

リメイク服キャミソールの作り方・肩ひもの作り方

キャミソールの肩ひもとフリルの裁断に入る前に、肩ひもの仕上がりの長さ、フリルが付く位置、フリルのギャザーの分量を身頃に別布をピンで止めて確認して決めます。

  1. 袖口側を4センチ幅に裁断して、これをフリルとして使います。
  2. フリルの端を写真のように、丸いカーブにすると、出来上がったときにフリルの始まりがカーブになります。身頃と縫う側に、ぐし縫いをしてギャザーを寄せる。
    袖フリル作り方裁断フリルのぐし縫い
  3. 肩ひも1.2センチ幅(デザインによって自由です)をわにして、縫い代を周りに1センチ付けた状態で裁断。出来上がり部分(縫い代1センチを除いた、片側1・2センチ幅)に芯をはる。写真は、肩ひもの表側の裏に芯をはる仕様(つくり)です。
  4. 肩ひもとフリルを中表にして、ピンをうつ。
    肩ひもの作り方袖にフリル付け方
  5. 肩ひもとフリルをミシンで縫います。
    袖にフリル付けるミシン肩ひもにフリル付け方
  6. 肩ひもを中表にした状態で、グレーの線のところを2枚一緒に縫います。
    袖にフリル肩ひも作り方
  7. 表にひっくり返して、肩ひもの端1〜1.5ミリのところをミシンでステッチします。
    肩フリル最後のステッチ袖フリル出来上がり
  8. 出来た肩ひもを身頃に手でまつり縫いするか、ミシンでステッチしたらリメイク服・キャミソールの完成です。
    シャツからキャミソールにリメイク
    » ソーイング・裁縫 用語辞典
    » Robe vierge お店のサイト

購読の登録


購読確認メール、記事配信メールは迷惑メールフォルダに入ることがあるのでご注意下さい。