リメイク方法・衿ぐりの裁断

2015年09月01日

肩線が縫われた状態の衿ぐりを変更するのって、意外と難しいんですよね。パターン通りに裁断したつもりでも、ちょっとしたズレが生じて正左右対称にならなかったり・・・。出来上がってガッカリしたことってありませんか。
リメイク方法・衿ぐりの裁断

リメイク方法・衿ぐりの裁断

ソーイング&リメイクの工程の中で裁断が1番嫌いだという人が、たくさんいらっしゃいます。布を広げてパターンの印を付けて裁断を終えるまでに、アイロンをあてたり生地の歪みを整えてピンを打ったり、確かに面倒ですよね。だけど縫製に入る前に、この工程をきっちりやっとかないと・・・ね。衿ぐりを簡単&正確に裁断する方法をご紹介します。

  1. 左右どちらか、片方の衿ぐりラインをチャコか後から消えるペンで印を入れる。(後衿ぐりの写真は、左右共印を入れてますが気にしないでください)
    • 後衿ぐりの裁断
  2. 印を入れたラインを裁断する。写真は縫い代を含んでないパターンだったので、印より1センチ外側を裁断してます。
    • 右衿ぐりだけ裁断
  3. 後中心で2つ折りにして左右を重ね、アイロンをあててピンを打つ。このとき、正確に2つ折りをしてから肩線を合わせてピンを打つこと。
    裁断の説明
    前あきがない場合でも、同じように前後中心で2つ折りにして重ねる。
  4. もう片方の衿ぐりを裁断
    衿ぐりの裁断

リメイク方法・衿ぐりの裁断の注意点

  • 裁断後の衿ぐりの形状を保つ
  • 肩線の寸法確認
  • 肩線の縫い端の始末
  1. 衿ぐり部分は、生地の地の目がバイアスになってるのでとても伸びやすい状態です。生地によっては、少しでも力がかかると寸法が狂ってしまうので、縫製に入るまでに取り扱いに注意してください。
    裁断後の衿ぐり説明
  2. 裁断後の左右の肩線の長さが合ってるか確認します。
    肩線チェック
  3. 裁断したままだと、肩線の縫い端がほつれてくるのでミシンで縫う。
    肩線の説明
  4. リメイクを成功させるために、Please try it!
    ダリアの花の蕾
    アンティーク古着→» ローブ ヴィエルジュ お店のサイト


購読の登録


購読確認メール、記事配信メールは迷惑メールフォルダに入ることがあるのでご注意下さい。