キャミワンピをブラウスにリメイク

2017年09月03日

**************************

70年代の日本製
アンティーク
キャミワンピをブラウスに
リメイクします。


こちらは未使用の
デットストック商品
タグ付きで
袋に入ったままで
売られていたんですって

淡いピンクの地に
白いドットと薔薇の花プリントの
楊柳(ようりゅう)素材は
見ているだけで涼しげで
それに、ロマンティック

生地に凹凸があるため
肌に密着せず涼しい生地です。

それなのに、どうして
袋に入ったまま眠っていたのか・・・
トルソーに着せてみたら、わかりました。

  • 胸もとのシャーリングの寄りが甘過ぎて、着るとプカプカ浮く
  • 肩ひもの付け位置が端過ぎて、肩からずり落ちる

トルソー着用時は
ピンを打って
肩ひもを固定してるけど
実際は、肩ひもがずれて
脱げてしまうから
着れなかったんだと思います。
素材から
《リラックス》ってコンセプトを感じるけど
もともと、お家で着るワンピースや
ナイトウェアとして
販売されたのかな
リメイクをして
新しいリラックスウェアに
うまれ変わることになりました。
つづく

**************************

吹く風が日ごとに秋めいて
夏の終わりの寂しさを
感じる頃となりました。
朝夕涼しくなりましたね
皆さんお元気ですか
体調崩しやすい時期なので
お身体ご自愛ください♡

春から仲良くなった
いつも会う蝶々たちと
いつまで会えるのかなーって
調べてみたんです。
さよならの心の準備をしたわけ
そしたらね
9月か10月頃までって書いてた。
びっくりしたのが次の行

あげは蝶の場合
蛹から孵化して
蝶になってからの寿命は
約2週間
えっ?!・・・
だんだん仲良くなってきたと
思ってたのは
私の勘違いだったの?
あの時のあの子とは
会ってすぐに
意気投合したって事かぁ

ちょっと複雑な気分・・・
驚きと喜びと、寂しさを
1度に味わった
夏の終わりの出来事でした。
わたしの《ちょうちょ研究》は
あとしばらく続きます。

Antique clothes

» ローブ ヴィエルジュ お店のサイト

**************************

リメイクオーダーを承ってます。

» メルスリー・デ・ローブ ヴィエルジュ


購読の登録


購読確認メール、記事配信メールは迷惑メールフォルダに入ることがあるのでご注意下さい。